まぁなんとかなる。

女装した冷蔵庫に似てます。20超えていきなりジャニーズJr.沼に堕ちてしまいました。

本当に幸せかなんていつまでも分からない

おはにちばんなさい。

 

担降りって言葉、1年前まで本気でナニソレ?って感じでしたし、まさか自分が担降りって言葉を使う時がくるなんて、って感じです。

勘の鋭い人、ご名答、ジャニヲタ大好き担降りブログ、わたしも書く時がきました。

 

うーーーーん、なんというか、担降りというか、降りる人いないんですよ、正確には。

 

ふくだゆうたくんが大好きなのには変わらないのですが、これからの応援スタンスが現場重視のジャニーズにはあまりにも無謀で、気持ちが廃れそうなので、距離起きます=担降りみたいな感じです。

 

わたしもジャニヲタしてまだ1年くらいなので、何が担降りで、じゃないのとか定義もあんまり分からないし、てか担降りって何?から色んな方の担降りブログ読ませていただいたのですが、やっぱり担降りの考え方は人それぞれで。でも一つ言えることは、担当はみんなの人生に大きく関わっていたこと。

担降りブログの内容は担当のことよりもどちらかというと自分語り。担当ありきの自分の歩みをつらつら書いてるように思いました。担当との出会いから、この人が居たからこんだけ頑張れた、環境の変化や心情の変化には必ず担当が寄り添い、時には辛く当たり、涙してしまうことがあって、新しい一歩を踏み出す時、それは別れの瞬間であって。

担当によってここまで人生が彩られ、楽しく、そしていろんな感情になり、前に踏み出す為に担降りするって、ジャニヲタすごいなー、って。なんか凄いなーと他人だからか俯瞰して読んでいました。

 

ただわたしもふくだくんによって人生が色々な方向に向いたなーと思います、よくもわるくも。

 

えーーーっと、ふぉ〜ゆ〜の福田悠太くんに1年前に出会い、それと同時にジャニーズ沼にも墜ち、初担当を名乗らせていただきました。

初めはゆるーく応援したのが、ひょんなことから感情的になってしまい、増える現場、増える遠征、出費……

しかし、現場入ることが新社会人だったわたしにとって大きな肉体的精神的負担となり、結果休職という最悪の形で終わりを告げました。

ふぉゆは悪くないです、悪いのはわたしです。だって入る入らないのを決めるのはわたしであって自由です。

一つの現場を大切にする人の方が多いと思います。でも、わたしは初めてジャニヲタ、しかもデビュー組じゃないJr.と言えるのか言えないのかという境目で戦ってるグループに堕ちてしまったが故に、現場に入ること=彼らの為、わたしに出来る唯一の応援手段、と勘違いしていたようです。

初めは本当に楽しみだったし、毎日現場だったらいいのになー!なんて考えて生きてたのが、次第に行くこと≒楽しむ、から行くこと=担当を応援するものとしての義務、宿命、って感じになってきて、現場数を積めば積むほどいいみたいな考えになってきて。でもよく考えたら馬鹿じゃないの、って。サービス業なんだからわたしの現場の都合で3連休も取れるわけないじゃんとか、ほんと周り見えてないなーとか思います、アホすぎか。1回9千円もするチケット持って楽しめなくて、ただ入ってるだけってそれドブに金捨ててるのと同じじゃん、って思う。そんな感じだから、全く楽しくない。最後に楽しいって思ったのいつかな…って感じで。

ふくだくんはわたしにとって、遠くてキラキラした存在でよかったのにな、って今となったら後悔してます。

だから、もっと初めの頃の純粋な気持ちで応援したい、って勝手ながらに思い出して。

現場も入れる時だけでいい、無理して入る必要ない。お金もかけたくない、全くかけないのは違うけど、バランス良く。

そう思うと、今のふぉゆの現状では厳しいな〜って思うところ沢山あって。

いや、ほんと応援してからの1年間びっくりするくらい4人を取り巻く環境が良くなったし、これからも良くなることは目に見える。その時また応援出来たらな、って。別に古参ぶりたくないし(てかそもそも古参じゃない、むしろ新規だろって思うし)、ふぉゆ有名なったね〜よかったね〜!ってフラットな心でお祝いしたいし。

これ以上ふぉゆにお金も時間も気持ちも変にプレッシャーになって生きていくより、1度離れてみて、心の負荷を無くして、そして応援できるようになったら、応援したい。

 

もちろんこれからEndless SHOCKは作品として大好きだから行ける限り通い続けたいし、ジャニーズはずっと色んなグループを好きになるだろう。ただその中心にふぉゆを失くすってだけなのかもしれない。SHOCKも今まではふぉゆ目当てだったのが、Endless SHOCKをみることが目的になると思う。そのカンパニーにふぉゆがいるだけになってしまうかもしれない。でもそれでもいいと思う。きっとそんな中でもわたしは、ふくだくんを目で追い、ふくだくんのこと好きだな〜って思って、フォトセやステフォを買い続けると思う。だから担当を降ります!って素直に言えない。

だって今でもふくちゃんが大好きだし、ふくちゃん以外誰を担当にしろって言うんだよって思う。

 

現在は、じゃにーずうぇすとにハマってて、7人ともめちゃくちゃかわいくて、特にこたきくんがかわいいと思ってる。

初めて自分より年下の子を好きになった。うぇすとの末っ子ちゃんで、甘えたで泣き虫でかわいくて、でも声が低くて冷静なところもあってボケまくるそんな彼のギャップにはぁ〜〜〜〜〜ってなる毎日。でも、担当になる!って覚悟出来ない。頭の片隅にはふくちゃんの八の字眉毛で笑ってる姿が浮かんでは消えてなんか泣きそうになる。

ふくちゃんと過ごした1年間は、わたしにとって新しいものを沢山吸収できた。

ダンス、プレゾン、ショック、舞台組と言われるJr.のメンバー等々知らない世界を沢山見せてくれた。ふくちゃんに出会わなければ、こんな気持ちにもならなかったし、ふぉゆがいてくれたから頑張れた場面が沢山ある。

だから軽い気持ちで今日でふぉゆ担当降りまーす!明日からはジャスミンですお願いしまーす!なんて言えないんだよ。

ふくちゃん然り、たつみこしおまつ、ふぉゆ関係者を裏切ってしまったって気持ちで辛い。

別にわたし1人ファンじゃなくなったところで、そこまで大きなダメージも影響もないし、だからなんだって話なんだけど、やっぱりどーしても素直に担降りって言えない。

 

ただ、距離を置きたい。

ふぉゆを自分の思う適切は距離で応援したい、って言い訳を作って逃げたいだけなのかもしれない。

すぐに答えを出そうなんて思ってないし、出せる気がしない。

 

とりあえず明後日のGACHIに入って気持ちを整理したいと思います。

ふくちゃんにお手紙書くの最後になるかな、はぁ〜いつも1枚に収めるように努力してたけど、今回は何枚になるか分かんないや。

 

とりあえずツイッターのアカウントはGACHI終了後一旦消します。仲良くしてくださってた方や、リアでも繋がってる方は、新しい垢出来たら申請行くと思います。

 

明後日のGACHIは楽しめるといいな。