まぁなんとかなる。

女装した冷蔵庫に似てます。20超えていきなりジャニーズJr.沼に堕ちてしまいました。

このままじゃいけないよね

誰もお呼びじゃないのにまたまた登場です、卒論もこれ位スラスラと書きたいものです、はい。

 

前回の記事でジャニーズJr.の4人組ユニットふぉ~ゆ~に現場堕ちしてしまったいうことを3000字超えの駄文でグダグダと書きましたが、今回は自担である福ちゃんを中心に本気でふぉ~ゆ~を推していきたいな、と思ったきっかけというか動機を書いてみようかなと。

誰も興味なくてもとりあえずこの気持ちをちゃんと残しておきたいので書くとします。

 

見事現場堕ちし、ふぉ~ゆ~、っょぃ。という語彙力しか発せなくなったわたしなのですが、なにせ急に現場入りが決まったので担当は現場入るまでなくて。現場入りする前に友達が気遣ってメンバーのお名前と顔写真をLINE送ってくれて、PLAY ZONE(多分青山ラスト公演?)の『気まぐれ One Way Boy』も見せてくれました。その時もダンス上手いなぁと思いましたが、現場入りまでに名前と顔を一致させなければいけないということに必死で、ダンスのことはあんまり覚えていないのが正直なところです(笑)

ふぉ~ゆ~という名前を聞いたとき、「え?ひらがな?w」というのが一番に来て、そのイメージから昭和っぽいというかゴツイ4人をイメージしてて、「すごくさわやかなお兄さん4人」であるふぉ~ゆ~を初めて拝見した時、予想をスカしてきたので腑に落ちなかったことも確かです←

 

で、現場入りして初めて見た生ふぉ~ゆ~の第一印象は

え?辰巳くん顔小さすぎない???

でした(笑)

2階席だったということで、そのことが一番印象が残ってます。

あとダンスのクセも辰巳くんが一番あるってこともあり、辰巳くんに自然と目がいっていました。

なので、1ステ目終了後のわたしは辰巳担になりそうだったのです。

多分このまま最前列で見たら辰巳くんにノックオンされてそのまま辰巳担宣言してしまうのかな、とか思ってました。

 

そして、ド新規というか、ほんと4時間前に好きになった人間が、1階最前列というこんな近くから見ていいのかほんとすみません、って思いながらの2ステ目。この時は辰巳くん近くで見られる~楽しみ~って思ってました、なんですが人生何が起こるか分かりませんね

むかしなじみの冒頭のシーンって、客席のドア側からふぉ~ゆ~の4人が登場して通路を歩いて階段上って舞台に登壇するっていう演出だったんです。

で、わたしの席が通路横だったんです。福田くんと松崎くんが通路から歩いてきて、わたしの横を通りすぎたのです。その距離30cm足らず、本当に心臓止まるかと思いました。その時、福田くんの全身イケメンオーラにやられてしまったのですなにこの人、めっちゃかっこいい、ってなったのです。細いんですけど、程よく筋肉のついたシルエットと、長い脚と整った顔立ちにキリッとした眉毛とちょっと茶色い瞳。もちろん2階席から見てもかっこいいなと思いましたが、近くで見るとめちゃくちゃかっこよくて。2ステ目は福田くんばかり目で追いかけてました。まっすぐな眼差しに自然と心奪われてました。で、極めつけは途中の回想シーンで、タバコを口にくわえるシーン。もうね、手慣れた感じでタバコをくわえる動作がヤバかったんですよ。なんていうかヤバかったんですよ、上手く表せない語彙力。あれは高校生役ではなく完全に福田悠太30歳が出てました。その姿にあぁ...軽率に推したいってなりました。その後のだんない節を踊る姿もすごい迫力で、今思うとあんな至近距離でふぉ~ゆ~の踊りを見られることはもうないだろうなぁ、すごく良い経験だったな。福田くん踊ってるときって笑顔な感じが多いけど、だんない節の時はすっごく漢らしい表情をしてらっしゃって、あの表情は今でも忘れられないです。

 

初めての現場で私はふぉ~ゆ~のリーダー福田悠太くんに出会い、初めて担当とか言ってもいいかもと思いました。

 

その日からちょっとずつふぉ~ゆ~さんの演技をする姿以外を見たりして。バックでのダンスやPLAY ZONE、Endless SHOCKで歌い踊る姿がビビるくらいカッコよくて。なんで今まで知らなかったんだろう、っていう気持ちが募るぐらいそのパフォーマンスに魅せられてました。

 

もちろんその後の現場も入りました。23階の笑いは友達と一緒に2ステしました、0泊2日の東京弾丸旅楽しかったなぁ。

ただ帰りのバスの中でふと思ってしまったのです。

わたしちゃんと歌って踊るアイドルらしいふぉ~ゆ~見たことないな。

23階のカーテンコールでも歌とダンスのプレゼントがあったのですが、やはりがっつり歌って踊るふぉ~ゆ~見てみたい!と思いました。

 

ただふぉ~ゆ~の現場に入るのが楽しいと思う反面、22歳でジャニヲしかもJr.ヲタやり出すとかまた拗らせるな…とか思ってしまう自分がどこかいて。

来年から社会人だし、今より忙しくなるし、趣味に力入れてたら駄目だよな、って思ってしまって。

自分の中で気持ちを自制していたので、福田担とか言いながら福田悠太FRIDAY事件(笑)にもあまり動揺することもなく現場入りしたり(笑)

とりあえず、ふぉ~ゆ~さんはゆっくり楽しもうかな、これからも友達に誘ってもらったら一緒に行ってもらおう、なんて2016年の暮れには思ってました。

 

しかし、わたしのふぉゆ担としてのターニングポイントが遂に来てしまいました。

ふぉ~ゆ~さんと良い感じに距離を取りながら2016年を終えようとした大晦日の夜、わたしは当たり前にTVの前でジャニーズカウントダウンコンサートを見てました。今までJr.なんて興味もなかったわたしは後ろのバックのことなんて気にしたこともなくて。この年も例外ではありません、ほんと油断してました。

『次は山下智久~!!!』TOKIO長瀬くんの紹介に会場のボルテージは上がります。

曲は『抱いてセニョリータ』、いくらアンチジャニーズだったわたしでも知ってる曲です。(お、山P。)と心の中で思った矢先、バックには見覚えのあるシルエットの4人が。

「え?!ふぉ~ゆ~?!」と本気で叫んでしまいました。

とっても嬉しかったのです、ふぉ~ゆ~と認識してバックで踊る姿をリアタイで見たのは初めてだったから。その後の滝つのバックまで次はどの曲で出るかな?とか凄いワクワクして、Jr.ってこんな気持ちで楽しめるんだって初めて知りました。

4人の踊りは他のJr.のユニットと比べてもまとまりがあるとかそんなレベルじゃ言い表せられない位凄くて、贔屓目もありますがデビュー組よりも凄いんじゃね?とか思ったりして(笑)

興奮冷めやらぬまま、カウントダウンを終え、寝まして、起きてCDTVの優馬くんのバック見てまた叫んで、ふぉ~ゆ~さんいつ寝てるの?!めちゃ多忙じゃんwwwとか嬉しくなったり、幸せな年明けだったんです。

でもこの時同時に現実を突きつけられた気がして。

2016年のカウコン、Jr.のユニット名のクレジット載らなかったんですよね。すっごくかっこいい4人なのに、デビュー組より踊り上手だと思うのに、世間一般からしたらただのバックダンサー4人なのかなって。ちょっと切なくなってしまったのです。

 

この時ふぉ~ゆ~のことをもっとちゃんと知ろうと思いました。そしたら衝撃的なことばかりで。ふぉ~ゆ~というユニットの前はM.A.D.というユニットに在籍していたこと、同期後輩がどんどんデビューしていく環境の中にいたこと、メンバーそれぞれが辞めようと考えていたこと、多くの仲間が退所していく姿を見てきたこと、知れば知るほど言葉を失い、ふぉ~ゆ~に申し訳ない気持ちになりました。わたしはふぉ~ゆ~のこと何も知らなかったんだな、ふぉ~ゆ~の華やかな部分しか見ていなかったんだなと。

舞台上での姿、かっこよく踊る姿、面白い姿、先輩に可愛がってもらっている姿、後輩に慕われているお兄さんな姿。ふぉ~ゆ~自体が明るくて努力している姿を見せるのが苦手ということもあり、順風満帆に今までアイドル生活を送ってきたと思っていました。

でも本当は全然違うんだって、辛い時期のなかでお互いぶつかり合い励まし高め合ったから、色んな人に認められて、4人でやっていこうと決めたから今のふぉ~ゆ~があるんだなって。そう思うとより4人を応援したくなって。

そして決定打となったのが、ぴたラジ!の福ちゃん30歳誕生日企画の最後の言葉で。

わたしも正直、「アラサーのJr.?!大丈夫なの?!」って初めは思ってました。でもふぉ~ゆ~はすごくカッコよくて、出会ってすぐわたしの一番好きなアイドルユニットになりました。そんな素敵なユニットの担当から、こんな言葉が聞けるなんて思ってもなくて涙が止まらなかったです。こんなに真っ直ぐな気持ちでお仕事に向きあってるなんて思ってなかったから。福ちゃんのリーダーだけどリーダーっぽくないところも魅力のひとつだと思うけど、芯が通っててふぉ~ゆ~の未来をリーダーとしてしっかり考えてるところが本当に素敵で。迷うことや不安になることも多いと思うのに、ファンにちゃんと伝えてくれたことが本当に嬉しかったです。

 

その時、自分が抱いてた色んな不安要素がどうでも良くなりました。

自分の気持ちに正直に今一番応援したい人たちを応援していこうって。ふぉ~ゆ~ががむしゃらに突っ走る姿を一回でも多く見たいって。昔、バンドを追いかけていた時と似たようなそんな感情が蘇って。あの頃のように一瞬一瞬を大切にしたいって。とりあえずJr.というものにハマる醍醐味に味をしめてしまって。

また拗らせたってジャニヲタになってもいいじゃない、楽しかったらまぁなんとかなる。って吹っ切れました。

 

ふぉ~ゆ~という存在を色んな人に知ってもらいたい。というより、埋もれて終わるなんて絶対嫌で。

アイドルなんだから、演技する姿も大好きだけど、やっぱり歌って踊るキラキラしたふぉ~ゆ~の姿を一度、いや何度でもこれから見てみたい。

ふぉ~ゆ~のダンスの凄さ知ってもらいたい。

どしゃぶりヒーローを生で聞きたい見たい。

ステージの中央でキラキラしたふぉ~ゆ~が見たい。

凄い景色を見せて欲しいし、見せてあげたい。

ふぉ~ゆ~、また4人に関わる全ての人に笑顔で居続けて欲しい。

そう本気で思います。

 

ふぉ~ゆ~をきっかけにJr.という新しい世界を知り、後輩の子達でいいなと思う子もいるけど、やはり今はふぉ~ゆ~が一番好きで。

その中でも福ちゃんが堪らなく好きで。もちろん、他のすりーゆ~もよんこいちまるっと好きだけどね。

そんな、福田担になろうと心に決めた、2017年なのでした。

 

はい、ここまでで4000字超えです、馬鹿じゃないの、その情熱論文にぶつけろよって話ですよね。

とりあえず、わたくしふぉ~ゆ~の福田担という訳でございます。自担との出会いに何文字使ってんだよってことで、一旦終わりです、気持ち悪い駄文、目汚し失礼致しました。

 

ってことでこれから、ふぉゆさんを中心にジャニーズのことをだらだら書いていきたいと思っています。

 

まずは明日の4人揃っての地上波出演、ドキドキと不安と期待とこれからのふぉゆに繋がりますようにっていう願いとか、わたしの中の感情ミルフィーユがぐちゃぐちゃですが、とりあえずめちゃ楽しみです!!!!!!より多くの人にふぉゆの凄さを知ってもらえますように!